4月からボーカルコースの講師が交代します!

スカイワードミュージックスクールの石川朋子です。

これまで約2年間、当スクールのボーカルコースのご指導を頂いた山浦先生のご勇退に伴い、4月から新たに新村まどか先生をお迎えすることになりました!

新村 まどか(声楽家)

日本大学芸術学部音楽科声楽コース修了。イタリア国立音楽院conservatorio L.Refice声楽コース修了。在学中にバチカン市国クリスマスミサにてローマ教皇の御前で演奏。これまでにイタリア、ドイツ、韓国などでコンサート、オペラ、ミュージカル、合唱などの多数の演奏経験を積む。韓国国立昌原大学校にて外来教授としての勤務経験を持つ。第17回万里の長城杯国際音楽コンクール声楽部門2位受賞。

国内外での様々な経験を活かし、クラッシックと他ジャンルの芸術や音楽とのコラボレーション企画にも意欲的に取り組んでいる。吟舞とオペラの融合セッションは特に好評を博した。

吉村純、丹羽勝海、田代嗣生、ミレッラ・パルット各氏に師事。

実は新村先生は私の高校時代の同級生。当時から聡明な人で、同じ音楽の道に進む仲間として卒業後も定期的に連絡を取っていました。私がロシアに留学する際に、先にイタリアへの音楽留学をしていた新村先生に相談に乗ってもらったこともありました。

次のボーカルコースの先生をどうしようかなと考え始めたタイミングで、これまで名古屋で活動していた新村先生がちょうど関東に拠点を移すということを聞き、渡りに船といった形で当スクールのボーカルコースの指導をお願いすることとなりました。運命としか思えないタイミングの良さです(笑)

新村先生からは以下のようなメッセージを頂いています。

『初めまして。4月からスカイワードミュージックスクールで声楽の講師を務めさせて頂くことを今から心待ちにしております。

私の指導のモットーは「出来る限り抽象的な表現を控え、論理的に誰にでも分かりやすく」です。

他の楽器と比べ、声は体内にある楽器の為指導が難しく、抽象的で曖昧な指導による弊害やキャリア形成の断念などが溢れているのが現状です。私は、生徒さんにまわり道をさせる事なく、またまわり道をしてしまった方を正しい道に戻すべく日々指導法と歌唱法の勉強に力を注いでいます。

わからない事や疑問は遠慮なく聞いてください。正しい道はひとつですが、その伝え方は無数にあり、生徒さん一人一人に寄り添う最適な方法での指導を見つけていくのが私の仕事です。問題は一緒に解決し、上達していきましょう。

世間では毎日悲しいニュースや気分が落ち込む事が多い今日この頃ですが、こんな時に自分の心を癒し、そして周りの人にも希望を与えられるのが音楽だと思っています。

今の自分に出来る事に精一杯取り組み、半年前の自分、一年前の自分よりステップアップする事を目標に、自分に与えられた唯一無二のギフトである「声」の魅力を最大限に磨き上げていきましょう!』

歌はすべての音楽の基本。ご興味ある方はお気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA