歌も楽器も「体幹」が大事!

船橋市の総合音楽教室、スカイワードミュージックスクールでヴォーカル・幼児音楽コースの主任講師を担当させて頂いている、声楽家の新村まどかです。

アスリートのトレーニング方法の情報やヨガやピラティスブームの影響から、最近良く「体幹」という言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか?実はスポーツだけでなく、音楽を演奏する際にも体幹は欠かせないものなのです。

当スクールの歌を学ぶ方の中には、ご活躍中のプロピアニストの方もいらっしゃるのですが、初回レッスンから身体の軸(体幹)がしっかりしていたことに驚かされました。

ご自身がピアノを弾くために、常日頃からプロ音楽家として身体の使い方を見つめているのでしょう。その土台が歌においても発揮されているわけです。

当スクールでは、以前より音楽面の成長のために歌と楽器を並行して学んでいくことのメリットを打ち出しておりますが、身体面における相乗効果も大いにあるのだと再認識させられました。

ご自身の大好きな「浜辺の歌」を教材に、その土台に乗せてますます楽しく歌声をコントロール出来るよう頑張っていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA