ギターとピアノを並行して学ぶメリット

船橋市でピアノを教える、スカイワードミュージックスクールの石川朋子です。

姉妹校として始動している船橋ギター教室に通う谷田部さんが、今月から当スクールでピアノも並行して学ぶことになりました!

谷田部さんはギタリストとして更なる高みに上るために和音の感覚や音程感を磨きたいとの想いを持っており、それにはピアノでの勉強が一番の近道であろうとオススメしていました。

ギターは機能的にコードを弾くのが非常にやりやすく、教本に書いてある通りに左手で弦を押さえることができれば、比較的簡単に曲を流すことができるようになります。逆に言うと、何も考えずにある程度のところまで弾けるようになってしまうという怖い点もあり、谷田部さんご自身もこれまでのギターの練習が技術先行で、理論的なところが不足していると感じられていたようです。

ピアノの場合はコードの構造が楽譜上でも鍵盤上でも視覚的に認識しやすいため、和音をきちんと学ぶ際にはギターよりも分かりやすいのです。

谷田部さんが目指すのは「視覚に頼らず耳で捉えた音の響きをもとに和音を理解し周囲ともアンサンブルすること」です。まずは他のピアノ初学者と同じように初級の曲をじっくり取り組んでいくことになりますが、1~2年後には和音の題材としてもぴったりなバッハの曲などにチャレンジしていけたらと考えています。バッハの曲の要素がポピュラー音楽にも用いられることも多いので、そんな意味でも相乗効果が期待できます。

また、谷田部さんは作曲や編曲にもチャレンジしていきたいとのことなので、そのあたりのアドバイスも差し上げる予定です!

気に入ったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる