サポートとメンタリング

これからの音楽教室には、サポートとメンタリングは必須になると考えている。
特にスカイワードミュージックスクールはハイアマチュアの生徒が多いのでこの傾向が顕著になる。
これが、スクール全体のレベルを底上げさせる一番いい方法でもあるし、音楽観の共有によるメリットも大きい。

「自分の頭で考え、自分の答えをみつける」

結局これが出来れば99%完成な訳だし、自分自身の人生にも有益な事この上ない。(ちなみに残りの1%は永遠に完成しない、するとしたら死ぬ瞬間)

この関係性を実現するためには、先生と生徒の関係性が正しい事が必須となる。

スタンスとしては「一緒に研究をしましょう」というスタンスでいること。

その為に先生は半歩前にいてリードをし生徒に答えをセレクトをさせる。
論理を整理整頓し、根気よく一つずつ解決していく事を続けていく。
これを繰り返す事によって見える景色が変わってくる。
景色が変われば周りが見えてきて質問が出てくる。

そう!このタイミングがメンタリングを必須とするタイミングなのだ!
質問が出るという事は大きな成長の証で、実は半分答えは出ている。
そこで、その質問は、なぜ出てきて感じたのかを探っていく。
そうすると、最後に必ず自分の意見が発見できる!

そう!あなたも音楽家になれます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA