音楽の基本はリズムにあり

以前にも書いたが、スカイワードミュージックスクールの育成システムは幼児クラスから始まる。

2~4歳の期間は主にリズムを中心に指導する。

最近、思うのは、
これが最も重要で、かつしっかり作る必要があるのではないか?
ということ。

この話でボタンを掛け違えると、ある年齢に達した時、成長が止まる可能性がある。
家で言うと土台に当たるといえばいいだろうか。

「頭で理解するより感じる」

これこそがリズムの本質に思えてならない。

小学生に上がって合唱と器楽に移行する際、どうしても楽譜の話は外せない。楽譜が活版印刷と共に普及する前の音楽は、口頭伝承であったはずだ。つまり、リズムも一緒に踊って体得していた筈なのだ。
事実、現在も南米などでは、その地域の祭祀の際に、マナーとして父親がダンスを子供に教えるという地域も多数ある。「踊れない男はマナーがなってない」というわけだ。

彼らの音楽は基本的に踊るためのものである。躍動感に大きな差が出るのはこのためだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA