始めるのが遅すぎるなんてことはありません

船橋にあるスカイワードミュージックスクール ピアノ講師の石川です。

この4月に中学3年生になるAちゃんは、教室に通い始めてからもうすぐ1年。それまで音楽レッスンを受けた経験は無かったのですが、音楽の先生がピアノを弾く姿に憧れてピアノを始めました。

周りの友達は小さいころからピアノを習っている子も多かったため、中学生からピアノを始めるという決断には大きな勇気も必要だったそうですが、Aちゃんはその勇気がバネになっているのか誠実な努力を続けています。レッスンのアドバイスを素直に受け止めてまずはやってみるという姿勢で、じっくりコツコツと練習を積み上げています(このまずはやってみるという姿勢は、ピアノを学ぶうえで本当に大切なのです)。

そんな彼女は「お母さんが大好きな曲だから」という理由で取り組み始めた曲がありました。初心者には非常に難しい要素も沢山あってかなり大変な道のりだったのですが、それをたゆまぬ努力で乗り越えててついにその曲が弾けるようになったのです!!

本来ならば3月のスクールコンサートで是非弾いてほしかったのですが、残念ながら都合が合わず出演が叶わなかったので、今後開催する相聞会(スクール生同士での発表会)などに備えてさらに磨きをかけています。

受験で大変な時期にも関わらず、月3回のレッスンは続けているAちゃん。

「努力も才能の一つ」とはよく言われる話ですが、音楽においても努力を継続することは本当に大切な素養です。それぞれの生徒さんに合わせて、自然と努力したいと思えるようにやる気スイッチを押していくようなレッスンを心がけていますが、今回Aちゃんが努力を継続することによって曲を弾けるようになった姿を見て本当にうれしい気持ちになりました。

ピアノの練習を通じて養われていく「努力する力」は、これからの彼女の人生にとって大きな財産になるだろうと考えています。

気に入ったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる