【ピアノコース】苦悩を突き抜ければ歓喜に至る

スカイワードミュージックスクールでピアノコース主任を務める、ピアニストの石川朋子です。

今回はピアノコースに通うKくんのレッスンの模様について。

Kくんはピアノコースに通い始めて約2、とても芯のある頑張り屋さんの男の子。

彼はいま「ソナチネ 第一番」への挑戦を始めました。今まで取り組んできた曲より難易度がぐっと上がり、譜読みなどに苦戦しながらも頑張っています。

この曲はクラッシック音楽を勉強する際には必ず通る名曲で、「フルート界のベートーヴェン」とも呼ばれた作曲家クーラウの作品です。

簡単に弾ける曲ではないことは分かっているのですが、私のレッスンでは『適度な苦しみを与える』ことを大切にしています。Kくんの場合も「きっとできる」と信じて、この曲にチャレンジをしてもらっています。

始めたばかりの今は「うまく弾けない!」「譜読みが難しい!」といった苦しさや悔しさが押し寄せているはずですが、その悔しさ/苦しさを乗り越えて、その先にある「弾けた!」という喜びに辿り着いて欲しいのです。

もちろん私もサポートは惜しみません。一緒に頑張りましょう!

 

ちょうど本日、生誕250周年を迎えたベートーヴェン。

彼は、当スクールの看板にも記されている、こんな言葉を残しています、

苦悩を突き抜ければ歓喜に至る

苦難や波乱に満ち溢れた人生を送った彼の言葉だからこそ、心を動かされるものがあります。

ベートーヴェンの言う『歓喜』を、一人でも多くの生徒に味わってもらいたい。それが私の願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA