【幼児音楽コース】イルカさんとカピバラさんのごあいさつ

こんにちは。船橋市の総合音楽教室スカイワードミュージックスクール、幼児教育コース講師担当の江口 莉永(えぐち りえ)です。

当スクールの幼児音楽コースでは、万全な感染症対策のうえ、3月から対面レッスンを再開いたしました。先日は久しぶりに子どもたちが全員が教室に集まり、楽しくリズム・アンサンブルに挑戦しました。

イルカさんとカピバラさんのご挨拶

幼児音楽コースのレッスンでは毎回、「イルカさんとカピバラさんのご挨拶」というメニューに取り組んでいます。

譜例のように、「イルカさん♪」と呼びかけると、生徒たちが「はーい♪」と、イルカさんになった気分でお返事してくれます。

 

このように、非常にシンプルなメニューですが、実はさまざまな学びの要素が詰まっています。

その1:音階に親しむ

ドレミに親しんでもらうには、とにかく繰り返したくさん歌うことが大切です。
上がって下りて…を丁寧に練習します。

その2:フレーズ感を育む

とても短いご挨拶のなかでも、4拍子を意識しながら歌うようにしています。
バトンの受け渡しのようなイメージで、心地よい間合いを感覚的に学んでいきます。

その3:音の高低を聞き分ける

イルカさんを通じてドレミに慣れてきたころに、今度は音を高くして「ソラシ、シラソ」でカピバラさんのご挨拶。ド⇄ソの違いや5度の隔たりを感じてもらいます。

その4:長調と短調、雰囲気の違いを聞き分ける

さあ、ドレミとソラシに慣れたら、いよいよ短調の響き。

当スクールでは、「ドレミ♭」と「ソラシ♭」で歌うとき(=短調に変わったとき)のことを、おばけとお友達になったイルカさん・カピバラさんと呼んでいます(笑)

「おばけとお友達になったときはどんな感じ?」と聞くと、「ちょっとさみしい感じ」「元気がない感じ」など、子どもたちの言葉でさまざまに表現してくれるのも楽しいです。

その5:Question&Answer

短いフレーズのなかにある「呼びかけとお返事」の関係は、音楽のしくみのなかで重要な要素。それぞれのフレーズが持つ役割やキャラクターを見つけることで、まとまりやストーリーのある音楽づくりにつながります。いまは声で表現してもらいますが、この先楽器を演奏するときのためにも育んでおきたい意識です。

 

以上駆け足ですが、5つの学びの要素を紹介してみました。

こちらのメニュー、教室では鉄琴とギター(もしくはピアノ)で伴奏しながら歌っていますが、おもちゃのキーボードなどでも再現できます!

イルカさんとカピバラさんのご挨拶、ぜひおうちでも楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA