大きな進歩を遂げた春期ピアノ特別集中レッスン!!

こんにちは!スカイワードミュージックスクールピアノ主任講師、石川です。

まだまだ新型コロナウィルスの影響下にはありますが、新年度が始まり、みなさんも気分新たにスタートされているのではないでしょうか?

当スクールではこの3月終わりに「春期ピアノ特別集中レッスン」を行いました。今回は3名の熱心な生徒さんたちが参加してくれて、それぞれが素晴らしい進歩を遂げました。

参加者の一人K君は、去年6月から必死に、時には何度も折れそうになりながらも頑張ってきた有名なクーラウのソナチネが、長い長いトンネルを抜けて、大きな前進を遂げて弾けるようになりました!

Sちゃんは冬期集中レッスンを受けた後から特に頑張るスイッチが入り、弾く音もがらりと変わっていましたが、今回も7月のスクールコンサートに向けて2曲弾く事を目標に、まずは1曲目であるペツォールトのメヌエットが、踊りのリズムに乗って弾けるようになって完成間近になって参りました!

そして今回集中レッスン初参加であったCちゃんも、集中レッスンを受ける事でスクールコンサートに向けて、これまでよりも少し難しい曲にも挑戦し始めました。そして今回のレッスンを受けた事で、より日々の練習も良くするようになってモチベーションもアップしたとの声をお父様から頂きました!

集中レッスンの最後には、皆さんに修了証をお渡ししました。この修了証をフレームに入れてピアノの上に飾っていらっしゃるご家庭もあるとのこと!そういう親御さんの対応も子ども達のモチベーションアップに繋がっていることと思います!

集中レッスンには絶大な効果がありますが、それには当たり前の理由があります。

モーツァルトやベートーヴェン、ショパンなどが天才と言われたのは、もちろん本人の資質も大きくあるのですが、彼らは親のどちらかが優れた音楽家、或はレベルの高いアマチュア音楽家であり、毎日のように質の良い音楽に触れていたことに加えて「毎日音楽家にレッスンを受けてた」からという事もかなり大きいです。

毎日音楽家からレッスンを受けるという事は、正しい奏法・聴き方・考え方・感じ方を積み重ねる事が出来るという事。

週1回のレッスンでは、次のレッスンまでは自分自身で考えながら手探りで練習するしかないですが、初心者~中級者の場合、自分で考えたことが正しいかどうかも分からないのが当たり前。正しいものからずれて「間違ったものを積み上げる」といった症状が起きやすいのです。

上手くなるためには「正しいものを積み上げていく」事に尽きます。集中レッスンのように短期間でレッスン回数が多いと、間違ったものの積み上げが起こらないため、伸び率が違うのは当たり前なのです。

今後も集中レッスンは定期的に行っていきますので、次回はぜひあなたもご参加ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA