次のレッスンまでの過ごし方は??

こんにちは。
スカイワードミュージックスクール副代表、ピアノコース主任石川です。

今日は、お家での練習時に是非心掛けてほしい事について。

みなさんはレッスンを受けると先生から色々注意やアドバイスを受けると思うのですが、その後次のレッスンまで何に気を付けてお家で過ごせば良いと思いますか?

もちろん先生が言った事を直していくのはもちろんなのですが、「なぜそのように言われたのか?」を考えたりしたことはあるでしょうか?

先生が注意やアドバイスをするのは、基本的には楽譜に書かれている(要求されている)事と違う演奏をしていたり、本人がやりたい事と弾いているものにギャップがある時です。

そのため家での練習の際には、前者の方は先生の注意やアドバイスを思い返し、楽譜をもう一度見返しながら楽譜の要求を満たす演奏にする事が大事です。そうすると「見過ごしていた事」「発見」が出てくるのですが、それが面白い!

そして後者の原因として考えられるのが、まず演奏のイメージが何となくしかない事、身体に力が入っておりコントロールがきいておらず自分の音が聴こえていない事です。そのためには一つ一つのフレーズを単語単位まで区切ってみましょう。そして単語の音と音の繋がりを明確にイメージし(アクセントをつけて歌う)、力を抜いて「よく聴きながら」弾く事、そしてそれを繋ぎ合わせていきましょう。

何にせよ重要なのは、「どうすれば上手く行くのか?、楽譜が要求している音楽(感じられる音楽)はどんなのか?をなるべく具体的になるまで考え続けて試行錯誤する事」です。

 

そして練習以外に、もう一つ重要な事があります。それは「最高レベルの演奏とはどんなものか?」を知る(体感する)ことです!具体的なゴールを自分でイメージ出来れば、そこに向かって先生と共に歩んでいく事が出来るので上達も早い!

色々な楽器の巨匠と呼ばれた歴史的名演奏家たち(ピアノだと、ゲンリヒ・ネイガウス、グレン・グールド、ヴィルヘルム・ケンプ、ミケランジェリ、ラフマニノフ等々)の演奏をyoutubeなどで聴いたり、今はコロナでなかなか難しいですがコンサートに足を運んだりしてみて下さいね!

 

いかがでしたか?レッスンまでのお家での過ごし方について少しでもヒントになれば幸いです!こんなご時世ですし、ぜひお家で色々試して一緒にどんどん上達していきましょう(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA