年末〆の相聞会2021年12月19日~次へのステップ~

皆様こんにちは!
スカイワードミュージックスクール副代表、ピアノコース主任の石川朋子です。

いよいよ年の瀬ですね!
寒さも厳しくなってきておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、スクールではこの12月19日に2021年最後の相聞会を行いました。
今回の参加者は、幼児音楽コースの子どもたちとピアノコースとヴォーカルコースの生徒さん達でした。

相聞会は、「課題を持ってクリアを目指し、互いの演奏を聴き合う場」
演奏の出来不出来というよりも「課題をクリアしようと試すこと、そして新たな課題を発見すること」が目的です。

前回までは、演奏する参加者のみにお互いの演奏についてそれぞれ感想を書いてもらったのですが、今回からは付き添いの保護者の方全員にも感想を書いて頂き、最後にはよかったと思った演奏者2人に投票してもらいました。
今回は「きらきら星変奏曲」のテーマと第1変奏を弾いたSちゃんが堂々の1位!それに「虹の橋」、「ひいらぎかざろう」を弾いたCちゃんと「コラールプレリュード」を弾いたK君が続きました!
特にSちゃんは前回の相聞会時には1票のみだったとの事で、とても嬉しそうだったのが印象的でした。

そして最後には、莉永先生と一緒にクリスマスメドレーのピアノ連弾を演奏し、何の曲を弾いたか曲当てクイズを行いましたが、マイナーめの曲も入っていたものの、皆さん直ぐに全て曲名を当てられました!

人前で演奏するというのは、一筋縄ではいきません。
いつもと違う場所で音の響き方が違ったり、自分も緊張していたり、視線を浴びながら演奏したり、ピアノも普段とはタッチも何もかも違ったり。
普段完璧に準備していたとしても、いつもと違う状況で演奏する分何かしらトラブルが起こるのは至極当然!

今回も演奏前に目標を話してもらってからの演奏となりましたが、皆さん良く集中して演奏してくれたものの、上手く目標が達成出来た演奏者もいれば、思わぬトラブルが起こった演奏になったケースもありました。

しかし本番で起こりうることを沢山経験することが相聞会の意義でもありますので、トラブルになった場合でも寧ろ良い経験をしたと考え、次に演奏する時には「同じことが起こらないよう対策を立てる」と気持ちを切り替えましょう!

10回のレッスンより1回の本番!

どうぞ人前で演奏する機会を大切に、今後も積極的に参加していきましょう!

2022年も皆様にとって更なる成長の1年となりますように!
皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA