ちょっと不思議な楽器たち

こんにちは!ヴォーカルコース/幼児音楽コース講師の山崎由璃(やまざき ゆり)です。
いつも歌のお話ばかりなので、
今回は最近面白い!!、と思った楽器の映像の紹介です。
色んな音を聴いて楽しんでもらえたら嬉しいです!

オタマトーン

最近流行りにのっている2009年頃に発売した、音符型の顔がついた電子楽器。
やってみると意外と音程が定まらなくて難しいです。
映像では、オペラ「トゥーランドット」より、“誰も寝てはならぬ”をオタマトーンが代わりに歌って?います。

 

ドレミパイプ(ブームワッカー)

長さの違うパイプで叩くと音が出る、というシンプルなもの。音によって色も違い、見てるのも楽しいです!
この動画ではただ叩くのではなく、投げます。そして相手が受け取った瞬間に音が鳴っている、という状況。そもそも、見てるだけで目が回っちゃいますね😵

 

カリンバ

最近、アプリでも出てくるぐらい人気な楽器になりましたね。自分で作成できる、手作りキットも売っていてます。
こちらは元々はアフリカの楽器だそうです。
癒し系な音で、指で弾くのも楽しいです☺

 

オンドマルトノ

前の大河ドラマで演奏流れていて、はじめて知った楽器です。
1928年にフランスの電気技師モーリス・マルトノが発明した電子楽器だそうです。なんとも弦楽器のような、不思議な響きの音です…。
まだ生で聴いた事ないので、どこかで耳にしたいものです。

 

ハンドパン

つい先日、路上演奏していて知った楽器です。
これまた癒し系な音。ジブリ音楽がとても合う音ですね🎶
亀の甲羅みたいな形をしていて、民族楽器なのかな、と思ったら西暦2000年に作られた楽器だそうです😲

 

まだまだ知らない楽器が沢山あるので、
こんな面白い楽器みたよ!という方、ぜひぜひご紹介下さい!

気に入ったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる