【ヴォーカルコース】さくら横ちょう

こんにちは!ヴォーカルコース講師の山崎由璃(やまざき ゆり)です!
すっかり春になりましたね!
今回はそんな、春の歌の代表「桜🌸」のタイトルがついた日本歌曲、さくら横ちょう。
今回は、同じ詩で作曲したお2人の作品についてご紹介します!
日本歌曲の中でもとても有名な曲で、皆さんもどこかで耳にしたことがあるかもしれません。

ちなみに、同じ詩に複数の作曲家が作曲する、ということはそこまで珍しくはなく、
例えばドイツ歌曲の「野ばら」なんかも、そうです。有名な曲ですが、野ばらについても記事が書けたらなぁ〜と思ってます😁

加藤 周一(かとう しゅういち、1919-2008)

作詞した加藤周一は渋谷で生まれ育ちました。この詩は渋谷の八幡通から、常磐松小学校(加藤周一の母校)へ通じる道が舞台です。現在ありませんが、八幡宮から学校までの道は桜並木があったそうで、その道のことを「桜横町」と呼んでいたようです。歌碑がその付近に置いてあるとのことので、気にしながら歩いてみたいです🎶

別宮 貞雄(べっく さだお、1922- 2012)

『東京生まれ。高校時代に池内友次郎に作曲を師事するが、東京大学では理学部物理学科(1946年卒業)、および文学部美学科(50年卒業)にて学ぶ。47年、柴田南雄の誘いで新声会入会。48年には、歌曲集《淡彩抄》にて日本音楽コンクール第1位入賞。その後51年に渡仏し、パリ国立音楽院でミヨー、メシアンらに師事。帰国後55年からは桐朋学園大学で教鞭を執る。』
ピティナ・ピアノ曲辞典、別宮貞雄より一部引用。執筆者: 須藤 英子ー

別宮さんによる、さくら横ちょうは、昭和26年に発表。
ピアノの前奏の雰囲気が桜と、日本酒みたいだなと、と私は勝手に思い浮かばせています🤣
かと、思いきや、曲中間からのからのリズムの変化によって、急に曲の雰囲気が変わるところは、ちょっと恋のドキドキ感やソワソワを感じさせますね。

中田 喜直(なかた よしなお、1923-2000)

『東京生まれ。 《早春賦》 の作曲家として知られ、 東京音楽学校(現東京藝術大学)の理論・オルガン教授だった中田章(1886~1931)を父に、ファ ゴット奏者・作曲家の中田一次(1921~2001) を兄に持つ。幼少よりピアノや作曲に親しみ、 歌やピアノ曲を作っていた。1943年に東京音楽学校ピアノ科を卒業後、約2年の軍隊生活を経て、本格的な作曲活動に入る。入野義朗、柴田南雄らが結成した作曲グループ「新声会」に入会。1947年には歌曲集「六つの子どもの歌」 を発表した。』
ピティナ・ピアノ曲辞典、中田喜直より一部引用。執筆者: 飯田 有抄ー

昭和37年に「マチネ・ポエティクによる四つの歌曲」として発表。少し物悲しいような、お筝のような印象を受ける前奏からはじまります。曲中“花でも見よう”の歌部分。まるで桜かちらちらと散る様子が描かれていて、とても儚く、私が大好きな部分です。


今回お2人を紹介しましたが、
他にも、神戸 孝夫(かんべ たかお、1955-)が作曲した、さくら横ちょうがあります。
こちらはこちらで、また雰囲気の違う、大人の世界、という感じを私はうけました。
まだ歌ったことがないので、トライしてみようかと思っています💪
また、今回は私の勝手な感想です。
こんな風に勝手気ままに聴くのも、音楽の1つの楽しみ方だと思いますので、ご興味ある方はぜひ色々想像しながら、聴いてみてください🎶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA