【ピアノコース】年度の締めくくり相聞会♪

皆様、こんにちは!
スカイワードミュージックスクールのピアノコース主任、石川朋子です。
いよいよ年度終わり、学校やお仕事などでお別れをされた方も多いのではないでしょうか?

スクールでは、3月26日(土)に年度締めくくりの相聞会を行いました。
これまでも何度か書いておりますが、相聞会の主旨としては、
課題をもって人前での演奏にのぞみクリアを目指すこと。
そしてもう一つ、互いの演奏を聴くことで、相手の良いところを真似していく(自分の力にしていく)、のも大事な要素です。

さて、相聞会の前半は幼児音楽コースの子ども達の演奏、そして後半はピアノコースの生徒さん方の演奏でしたが、幼児音楽コースからピアノコースに進んだM君が子どもたちのピアノ伴奏者として共演しました。

実は、前回の相聞会の時に途中で止まってしまうハプニングがあり、非常に悔しい思いをした曲のリベンジをかけての演奏でしたが、苦難はありつつも最後はみんなで見事乗り越えることが出来ました!

今回ピアノコースからの参加は6名でしたが、トラブルがあっても、不屈の精神で最後まで弾き切ったCちゃん、誰より短いスパンで人前での演奏をこなしたJ君、憧れの曲を着実に弾ける部分を増やし頑張るSちゃん、これまでよりも内容が難しい曲を攻めの姿勢で演奏し切ったK君、子ども達の伴奏だけでなくソロもこなし、しなやかな身体使いで曲のキャラクターを捉えて弾けたM君、経験豊かでいつも大人の演奏を皆さんに聞かせてくれるFさんと、それぞれが自分自身の課題とよく向き合い、クリアされているのを感じました。

今回も演奏者や観覧の方皆さんに演奏の良かった点をコメントで書いてもらい、子どもの演奏者の中から良かった演奏2人を選んでもらいました。
結果は、最初に弾いてくれたCちゃんが一番票を多く集め、次点はなんと同点でSちゃん、K君、M君の3名!!

みんなそれぞれが良く課題に挑戦し、演奏出来た証拠だと思います!

今回の相聞会を通して思ったことは、やはり本番はレッスンの10倍上達効果がある、ということ。
本番があると思うだけで、日々の練習のモチベーションがぐぐっと上がるのはレッスンで目に見えてわかりましたし、
本番をこなしたことで、自分の成長も感じられ、修正すべき点も分かっているように見受けられました!

来年度も本番の機会を逃さずに挑戦していきましょう!
皆さんの成長をサポート出来ることを心より楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA