相川達也ギターリサイタル(コンサートレポート)

相川先生のコンサートに行ってきた。もう驚愕の連続だった。

演奏が全くおじぎをしない、まさに無人の野を行くが如くのドライブ感なのである。師 大谷環先生曰く「彼にしかできない演奏って最強だ」と。
まさに同感。

今回、全て素晴らしい演奏で全部真っ向勝負するような曲ばかりの中で、一際印象的だったのが「アルハンブラ宮殿の思い出」だった。
こういっては何だが有名すぎなのと聞きすぎて、聞く前から食傷気味の曲である。

ところが、、、、

非常によかったのである!!!

プログラム全体が大曲ばかりで驚愕の連続だった中で、この聞きなれた曲が新鮮に聞こえたのは凄いことだと思う。
おそらくこれを「名演に当たった!」というのだろう。

ギターと音楽の面白さを堪能したコンサートだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA