恩師の変化

師からメールが、来た。
内容は「音楽分析ツールにたいしての感想を述べよ」と。

50年以上のキャリアから導かれた内容の濃いものだった。朋子先生と2人で「これは凄いなー」と唸っていた。
何が凄いかというと、徹底的に無駄を省いている所が凄いのである。

簡潔に伝えることの重要性がそこにはある。

師との出会いは約15年程前だったと思う。

その時、師は40代後半だったのだが、
こんなに音楽にうるさい人がいるのか!?
という印象だった。

ところが、最近は、「楽しければ何でもいいんじゃないのか?」
などと仰っておられる。

最初はあまりの変わりっぷりに度肝を抜かれたのだが、ツールを読んで得心した。
いよいよ、一つ何かが出来上がるステージに今いるという事が。

文字にすると簡単だが、やはり継続させる事こそが道なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA